レタリング技能検定 受検団体の声

栃木県宇都宮文星女子高等学校(美術デザインコース)宮本明子先生
  • 美術のポスターや作品に文字をキレイに書くことができる。
  • 美術の特技として履歴書や調査書に書ける。
  • 昨年、第30回全国高校漫画選手権大会(まんが甲子園)で、レタリングを中心にした作品を描き優勝することができ、レタリングのうまさをほめられました!
静岡県静岡県立田方農業高等学校(園芸デザイン科ガーデンコース)渡邊幸伸先生
造園製図において、個人住宅庭園設計の表題および解説文記入のため。
進学・内申の資格検定取得を点数化して、人選する。
三重県三重県立松阪工業高等学校(繊維デザイン科)植村彰先生
グラフィックデザイン領域におけるタイポグラフィの学習の一環として取り組んでいます。文字の基本的な知識に加え、仕事の丁寧さや正確さ、集中力などを身につけることができると考えています。
福島県学校法人松韻学園 福島高等学校(普通科実務選択コース)
  • 字体の構成や骨格を正しく覚える。
  • 一字一字を丁寧に書くことで集中力を養う。
  • チャレンジしやすい検定なので、検定チャレンジへの積極性を促す。
  • 上手に完成したときの達成感を味わう。
福島県学校法人尚志学園 尚志高等学校(情報総合科)
検定の時期が6月上旬ということで、年度始めから検定までの授業内容を検定対策にしています。特に2年生は道具等にも慣れていない生徒が多く、様々な道具を使いこなすことや、線を描く作業、塗りの作業等についても検定対策を通して技術力を上げることができます。6月までに道具を手に慣らし、作業にも慣れていくことで、その後の他の授業での制作でスムーズに作業に入ることができています。また文字を描くことは形をしっかりとるバランス感覚を上げる訓練にもなり、内容としてもとても良いです。
栃木県高等学校
書体の知識はデザインの仕事でなくても役立ち重宝されるから。デッサンのバランス感覚や平面構成で使われる技法が応用できるため、検定への対策が授業にそのまま活きることがメリットです。
栃木県栃木県立足利工業高等学校(産業デザイン科)柳澤顕先生
産業デザイン科の生徒がビジュアルデザインを学ぶ際に書体が果たす役割、書体の特徴を理解するのに役立つ。基本的なレタリングの技術を身につけることで統一感のある表現ができるようになる。
東京都高等専修学校
本コースとして取得できる検定はレタリング技能検定のみとなっている。進学・就職の際に3級以上の記入があると有利である。検定を受けない生徒にも一律に学ばせているが、文化祭のポスターを作成する時などに役立っていると考えている。知識問題に触れる際は、専門用語とともに様々な関連する職業の紹介に繋げている。
千葉県高等学校
  • 文字の形を捉えることは、本学科において必要なことであるため。
  • ポスターやレポート、作品を作る上で、レタリングの技能が役立つ。